子供の歯の治療が初めての方へ

当院の小児歯科では、

  1. ちゃんと噛める
  2. ちゃんと呼吸できる

子どもの健康を支え、楽しく通える歯科医院を目指しています。

小児歯科って一般歯科とどう違うの?

小児歯科とはただお子様の虫歯を治すだけではありません。

『虫歯にならないための予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に萌出させ、健康なお口の状態に育てること』を目標にしています。

よく、「乳歯はどうせ生えかわるから、むし歯になっても放っておいて大丈夫でしょ」と考えているお母様がいらっしゃいます。 しかし、これは大きな間違いなのです

お子様の頃から、しっかりと歯を治すこと、そして口腔機能を育てることははとても重要なことなのです。

治療できる子供の割合

治療できる子の割合は、3歳で20%、4歳で50%、5歳で80%と言われています。

歯科治療を初めて受ける子どもはとても強い不安の気持ちをもっています。 それはどの子どもも同じですから、治療を始める時は怖いという気持ちをできるだけ刺激しないことがスムーズな治療のコツです。

歯医者さんに恐いイメージがあるために、

  • なかなか診療室に入ってこない
  • 診察台を見るだけで泣いてしまう

そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう

自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。 通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

膝上診療から始めましょう

診察台を怖がるお子さんには、まずご家族に診察台に座っていただき、そのお腹の上で寝転んだ状態で診察することがあります(膝上診療)。
あるいは場所を変えて、子どもの好きなプレイルームで寝転がってすることもあります。

「暴れるから騒ぐから迷惑じゃないかな・・・」
そんな心配はいりません。 初診時は痛みを伴うような積極的な処置は行いません。
(虫歯などで痛みが強い場合は行う場合もあります)

当院で行っているトレーニング

当院では治療を始める前に数回トレーニングを行います(緊急の場合は別です)。

  • 一人で入室することができる
  • ユニットに上がれる
  • ユニットに寝ることができる
  • 手にエアーをかけることができる
  • 水・スプレーをさわる・コップにいれることができる
  • バキュームをさわることができる
  • スリーウエイ・バキュームを口の中に入れることができる
  • 開口器を口の中に入れることができる

などのトレーニングをおこない可能となればチェアーで通常通り治療をします。 それまでは膝上診療で口の中を診ていきます。

最初から不必要に押さえつけてしまっては、「歯科医院=怖いところ」になってしまいますし、何より暴れられると治療に危険を伴います。

そしてマイナスイメージを持ったまま成長すると先々通院の機会に恵まれず、早期発見・早期治療につながりにくくもなります。

時間をかけてお子さんの恐怖心、口の過敏さをやわらげていきます。 また、治療中に笑気ガスを使うこともできます。

予防の大切さ

予防には、『むし歯の予防』・『歯肉炎(歯周炎)の予防』・『歯並びの予防 』の基本の予防があります。

むし歯のできやすい部位

  1. 上顎前歯
  2. 下顎乳臼歯咬合面
  3. 下顎乳臼歯隣接面

「3歳までに虫歯を防げれば、その後、虫歯になりにくくなる」

生まれて間もない赤ちゃんには虫歯菌は存在していません。 しかし生まれて以降、外部から虫歯菌が口の中に入ることで、虫歯菌に感染していきます。 感染しやすい時期は生後19か月から31か月と言われています。

ぜひともむし歯にしないために3歳までに一度来院してほしいと思います。

治療に先立ってのお願い

子供の治療はできるでしょうか?できます!!でもお母さんの協力が必要です

  1. 小さなお口の中で治療するには子供の協力が必要です。そのためにはお母さんの協力も必要です。歯科医院に連れて来る時は治療が子供のために必要なことを子供に分かりやすく説明してあげてください。そして歯を綺麗にして助けてくれるのが歯医者さんだということも教えてあげてください。
  2. 決してダマして連れて来ないでください。
  3. 歯科医や注射を日常生活の中で脅しの材料にしないでください。
  4. 治療内容について曖昧な説明をして子供に不要な恐怖心を植え付けないでください。
    (詳しい説明は歯科医師、歯科衛生士にまかせてください)

虫歯の原因を取り除いてください

虫歯の大きな原因は何と言っても砂糖が長期間歯の表面にあることです。

一回の量より回数です。

早い段階で虫歯になる子供にはある共通点があります。 ジュースが大好きです。 またそうした子供達には飴を好む傾向があります。

特にソフトキャンディの類は歯に付着し、最も子供に食べさせたくない食品です。

0歳から通いたくなる小児歯科を目指しています

当院では次のような小児歯科治療を目指しています。

  • むし歯にならないための予防歯科
  • 子どもに寄り添う保護者の相談に乗ります
  • 食べるため・呼吸するための機能不全を予防します

子供の歯のことでお悩みの場合はぜひご相談ください。

お問い合わせ・お申し込み

MFT教室のお問い合わせ・お申し込み希望の方はお電話にてその旨をご連絡ください。 別の治療で来院時に医院でそのまま申し込んでいただくこともできます。