プレオルソ ~子どもの歯並び矯正法~

マウスピース型の矯正装置を用いた、3~10歳ごろのお子様にピッタリな治療法です。

プレオルソ装置と呼ばれるマウスピース型の矯正装置をお口につけて、歯や顎を移動させます。 同時にお口の周囲筋のトレーニングを行うことで、歯ならびや咬み合わせを治します。 この装置は、口呼吸から鼻呼吸に促すことができるほか、舌の正しい位置や正しい発音をトレーニングできる機能も持っています。 プレオルソ装置はポリウレタンなどを使用しているため弾性があり お口につけたときにほとんど痛みを感じません。

プレオルソで矯正できる不正咬合

3~10歳頃のお子様で下記に該当する場合はプレオルソ装置で治療が可能です。

  • 出っ歯(上顎前突)
  • 咬み合わせが深い(過蓋咬合)
  • 受け口(反対咬合、下顎前突)
  • ガタガタの歯並び(そう生)
  • 前歯の上と下が噛み合っていない(開口)

起きている間に最低1時間と、寝ている時に装着するだけです

プレオルソ装置を使用するのは起きている間最低1時間と、寝ている時だけです。

そのため学校に持って行って紛失する恐れもありません。 使い始めは窮屈感があり、舌にも違和感があります。 ただしその違和感は3~4ヵ月でなくなります。 つけながら話すこともできるため、他の矯正治療に比べお子様の負担はかなり軽減できます

ご家庭ではお口の周囲筋のトレーニングもしていただきます

お口の周囲筋のトレーニングをすることでよりスムーズに歯が移動し、治療期間が短くなることもあります。 また後戻りを防ぎます。 ご家庭で行っていただくトレーニングは歯科衛生士が指導しますが、お子様が簡単に行えるものです。

お口の筋トレについて

プレオルソ治療を行うとたくさんのいいことがあります

プレオルソ治療後には・・・

  1. 綺麗な歯並びで磨きやすくなり虫歯や歯周病になりにくくなります。
  2. 食べ物をよく噛んで食べることができるようになります。
  3. 自信が持てるようになります。
  4. 正しい発音ができるようになります。
  5. 正しい嚥下(飲み込むこと)ができるようになります。
  6. 口呼吸から鼻呼吸になります。

歯並び育成プログラム(Vキッズ~Vキッズライン)