味覚について

味を感じるメカニズムは、そしゃくして小さくなった食べ物が、主に舌の粘膜に存在して味刺激を受け取る細胞の集合体「味らい」に作用し、細胞を興奮させるところからはじまります。

「味らい」にある味細胞で受け取った味の情報は、味覚神経を通って脳の延髄の「孤束核」という部位に贈られ、さらに視床の味覚野を経由して『大脳皮質味覚野(第1次味覚野)』に至ります。

このとき甘い、苦いなどの味の質や強さが認識されます。また、同時に『大脳皮質前頭連合野(第2次味覚野)』にも送られ、触覚、温度覚、臭覚、視角等の情報とも統合されて、食べている物が総合的に認知されます。

この第2次味覚野は脳の「扁桃体」や視床下部からも情報を受け、空腹の状態によって好き、嫌いの嗜好性が変化することなども、この部位で生じるとされています。

嗜好性はさまざまな要因によって変化しますが、それらを感じているときには身体も変化します。おいしいと感じているとき、表情は自然と柔らかくなり、自律神経の反応、内分泌系の活動などが生じます。その際、自律神経は、エネルギー発散に向かう行動を取らせる交感神経とは逆の副交感神経が、優位の状態になっているとかんがえられます。つまり、おいしいと感じているとき、消化器官の働きは活発になり、気持ちはゆったりとした状態にあることになります。

しかしながら、いい味や好みの物ばかり食べていると、過食や偏食となり肥満などになる可能性も高くなります。また、味の刺激に慣れてしまい、消化器官も脳の働きも活発になりません。時と場合に応じてさまざまな味の食べ物を上手に摂取することで、体にとっても良く、ストレスを緩和させることもできるかもしれません。

歯科・神戸市で歯周病に取り組む、久野歯科医院は神戸市長田区:歯周病・入れ歯を専門としています。